スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

PSE法は欠陥法?

PSEマークが無いと販売してはならない。
但し、旧法時代の適合品はPSEマークが有るものと「みなす」救済措置が抜けているのが問題。
欠陥法だ。

以上、某巨大掲示板からの引用です。
まだこんな思い込みをしてる人がいるんですね。
JRCAの方もブログで「中古の適用除外を目指す」なんて書いてましたし。

まだ頭が混乱してる人に向けて、ダニでもわかるように、論点そのものが間違ってることを説明してみましょう。(というか、私のブログを全部読めばわかるはずなのですが)

まず「PSE法」は、「PSEマークが無いと販売してはならない」という法律でしょうか?
その通りです。
しかしそれは平成13年4月以降に上市された新製品のみが対象です。
なぜなら、それ以前には「PSEマークが無い電気用品」も「PSEマークがある電気用品」も、
両方とも存在しないので、法的効力そのものが発生しないからです。

じゃあ平成13年4月以前は何が存在したのか?
というと、「〒マークのある電気用品」と「〒マークのない電気用品」ということになります。
当時は、PSEという法律も概念も存在しなかったのですから、当然のことです。
つまり平成13年4月以前には「PSEマークのない電気用品」なんてものは製造されていなかったのです。

こんなことはあらゆる法律がだいたいそうなっているので、
いちいちそう断ってないからって、「欠陥法」呼ばわりできるものではありません。
こんなくだらない理由で法改正しなければならないのなら、全刑法、全民法を見直せということになるでしょう。

あと某JRCAの方がブログで掲げてる「中古品の適用除外を目指す」。

こんなこと無理です。
電気用品が、中古である事であることを理由に、
電気用品安全法の対象外になることは、ありえません。
同系列の製品安全法で、パロマや松下製品を中古の二次流通品だからと回収対象から外しましたか?
だいたい今じゃ「中古を対象外」なんて世論が黙ってないでしょう。
なんでわざわざ消費者に「違法行為を正当化しようとしてる」と思われたいのでしょうか?
「適用外を目指す」ってことは、「今は適用内だけど違法行為してる」って自分で認めちゃってるわけですから。

リサイクル業者にしても、市民運動にしても、何が正しくて何が間違ってるか、
まずそれを理解しないと、何か訴えたとして、まったく意味不明または逆効果にしかなりません。
少なくとも今は世論の風は「安全重視」の方に流れてます。

まずPSE法は、リサイクル業者や「PSE反対」なんて掲げてる人たちが、
未だに信じてるような理由で欠陥法であることはありません。
また「中古適用除外」を法に盛り込むことは法理論上、不可能です。
(裁判で判例をつくることは可能です)

もともと経産省が、「旧法認可製品が新法27条(販売禁止)の対象になる」と言い出したのが、バカバカしい勘違いだったというだけです。
いわば完全なエラーであって、それに従う理由など何ひとつありません。
とりあえず「法の効力」について、きちんと理解してみたらどうでしょう。
どんな法でも過去に遡って効力を発揮することはありませんから。

ならパロマや松下は?というと、実はそこがはっきりしていないんですよね。
経産省は、両社に現行法に基づいて回収命令を出したわけですが、
違反品の違反事項は旧法時の安全基準適合に対する違反でないと可塑法禁止に反するわけです。

ただそこらへん経産省は曖昧にしておきたい。
理由を察するに、まずガス製品にははっきりした安全基準がなく、本当は製品安全の対象外であること。
なので、世論に押される形でかなり強引に製品安全法を拡大解釈して使っているのですが、
そこらへんきちんとした形で突っ込むと「じゃあ、製品の製造を認可したのは誰か?」ということで、
経産省の責任問題もあり得ることになってしまう。
しかし、回収命令の元になる法規の解釈が曖昧(というか、はっきりとした形で存在しない)であるため、
経産省は、常に有利な立場でいられるわけです。
「製造認可はしてない。でも認可製品として製品安全法の対象にはなってもらう」
法的には離れ業ですが、製品安全を求める世論をバックに、法の執行ができてしまうわけですね。

こんなこと書くと、リサイクル業者の一部や「PSE反対」を主張する人がまた
「ほら見ろ。だから経産省が暴走しないように、法律に中古除外と明記する必要があるんだ」という、
常識に欠けたことを言い出しそうですが。

単純な話、経産省というのは暴走するものです。こうした暴走は、決して電気用品安全法や製品安全法に限りません。
しかし、大手メーカーでさえ、その暴走を法や政治に訴えて止めようとはしないのです。
理由は?
曖昧な方が、お互いの利益になるから。
実際のところ、松下やパロマだって、経産省の曖昧な解釈に対して、法廷決着を望むことはできたのですよ。
ただ一円の得にもならないだろうからしなかったというだけで。

従来から製品安全法というのは、経産省が恣意的に適用する事が世間的に容認されてきた法律です。
松下の件も、パロマの件も。著作権侵害の違法チューナーについてもそうです。
世論と法的整合性のグレーゾーンを推し量りながら適用されてきたわけです。
それとも誰か「PSE反対」を主張してる方で、
経産省が消費生活用品安全法を「拡大解釈」して、グレーなやり方でパロマを規制してることに、
不満があるって人はいるのでしょうか?

ニーズがあれば拡大解釈して規制する。ニーズがなければしない。
だから経産省も中古業者への取締などやってません。グレーゾーンのままです。
この状態が嫌なら訴訟しましょう。>リサイクル業者やPSE反対の方々
中古業者への絶縁耐圧試験の強制やビンテージリストの作成は明らかな経産省の法令違反です。
法で定められた資格のない業者にマークを貼らせているわけですから。
ニーズのあるなしの限度を超えて違法性が明白なので、裁判になれば経産省の違法性が認められる確率が高いでしょう。
それとも、どうしても「法改正」で政治解決したい?

だから無理ですってば。中古を除外なんて、あり得ない。
もともと中古や新品の区別は法に存在しないのですから。
窃盗罪で、新品と中古を区別しろというのと同じくらい筋違いな話です。

なら「中古販売のみ」を除外できないか?
つまり一時、川内議員のブログで検討されたような内容、
27条の販売の禁止に関して、「製品上市後を除外する」というような条件づけはできないか?
これも無理です。
なぜなら平成13年4月以降はPSE法の法的効力が発生していますから。
平成13年4月以降の「PSEマークなし」電気用品は販売できないんですよ。新品業者でも中古業者でも。
単に、二次流通だからという理由だけで除外できてしまえば、製品安全法としての骨組みが根底から崩れます。

ただ法改正の余地として、第27条の削除というのは、唯一あり得ます。この場合、28条も一緒に削除ですね。
PSE法が自主検査になったことで、シールの存在意義が曖昧になってますから、
他でも書きましたけど、PSE違反品イコール「マークなし」とは限らないわけです。
実際は、「マークあり」違反品の方が多いのですが、
そんなものは、中古業者だけでなく家電販売業者すべてが見分けることなどできるわけもありませんから。
つまり、「マーク無し」製品の販売を禁止する根拠として、電安法制定時のような意味がなくなっている状況です。
それとも店頭出荷前検査を、あらゆる家電販売業者に義務づけますかね?(笑
要は今となっては、27条と28条が存在する法的合理性がないってことです。

だけど、それだって「法改正」を審議するための理由付けとしては不適当でしょう。
別に、改正までしなくても運用でどうにでもなるようなことだし、
法というのは、たいてい数年たてば改正されるものなので、よほど緊急性がない限り、運用でどうとでもなるレベルの改正を行う事は通常、あり得ないでしょう。

確かに経産省の暴走(違法解釈と違反行為)は看過できるものではありません。
それ以前に、どうして裁判でケリがつくことを、わざわざ困難な方法でやりたいのか理解に苦しむのですが。今となっては消費者や世論を味方にする事も難しいでしょうし。

だいたい経産省のただのエラーなんだから、変な妥協をせずに無視すればよかっただけの話です。これは結果論になってしまいますが。
確かに今となっては、経産省が解釈を変更しそれを表明すればいちばんいいのですが、お役所の体質からして訴訟以外の手段でそれを望むことはまず無理でしょう。

ならば、それ以前に、まず中古業者自身が解釈を変更する事が先でもいいのではないでしょうか?
経産省主導とは言っても、違法解釈や違反行為に従ってしまっているものは、それなりの責任が発生することもありえます。
こうしたエラーが起きた場合、第三者の意見も聞かず、経産省の言い分に従うという選択が正しかったのかどうか?中古業者の方は自分の立場について、もう一度考え直してみた方がよろしいのではないでしょうか。

スポンサーサイト

テーマ:政治・経済・時事問題 - ジャンル:政治・経済

2006.09.14 | | Comments(3) | Trackback(0) | PSEは中古家電を規制する法律なの?

コメント

あなたの主張も「思い込み」なのでは?

2006-09-15 金 11:23:59 | URL | #d0CUkFV2 [ 編集]

思い込みでもなんでもなかったことは、経産省の見解が証明したと思いますがどうでしょう。むしろ勝手な思い込みで、中古業者に裁判をさせずに法改正の方へ政治的に誘導した、自称反対派の責任は重いと思いますが。

2007-10-06 土 10:58:13 | URL | #- [ 編集]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

2009-05-21 木 09:53:09 | | # [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

プロフィール

tyranosaurous

Author:tyranosaurous
FC2ブログへようこそ!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。