スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

自主検査の法的根拠その3

前の記事で、「外観、耐力、通電検査」が八条の2項に対応するものであり、第三条の届出製造業者の義務を満たすものではないことは指摘しました。
だからすでに経産省の違反、あるいは不法行為は明らかなのですが。

なら「PSE法になって全数検査を義務づけた」という見解は正しいのか?という疑問もあります。
確かに八条の二項は法で定められた義務と解せるのですが。

ちょっと旧法を見てください。

(基準適合義務等)
第二十二条 第十八条の認可を受けた登録製造事業者が当該認可に係る型式の電気用品を製造する場合においては、第二十条第一号の通商産業省令で定める技術上の基準に適合するようにしなければならない。
2 第十八条ただし書の規定は、前項の場合に準用する。
3 第一項の登録製造事業者は、通商産業省令で定めるところにより、その製造に係る同項の電気用品(前項において準用する第十八条ただし書の規定の適用を受けて製造されたものを除く。)について検査を行ない、その検査記録を作成し、これを保存しなければならない。


この第三項の条文とPSE法第八条二項の条文を比較してみましょう。

電気用品安全法 第八条
2  届出事業者は、経済産業省令で定めるところにより、その製造又は輸入に係る前項の電気用品(同項ただし書の規定の適用を受けて製造され、又は輸入されるものを除く。)について検査を行い、その検査記録を作成し、これを保存しなければならない。


条文は旧法とPSE法で、変わってませんよね。
しかし谷部長は国会で「旧法では全数検査は任意検査」と明言していました。
というと、もともとこの「検査を行い、検査記録を作成し、これを保存する」というのは、いったい何を指しているのでしょうか。

実際の運用を調べて行くうち、この「検査」ということはどうやら公式検査機関によって「試料検査」と解釈されて来たらしいということがわかって来ました。つまり形式試験です。製造許可を得るために、製品サンプルを政府機関に提供し、破壊検査を行ってその製造と設計にかかわる安全性を証明するための検査のことを言います。
旧法の第二十二条第三項で規定された「その製造又は輸入に係る前項の電気用品について検査を行い、その検査記録を作成し、これを保存する」とは、製品完成検査ではなく、この形式試験のことを指しているのでは?
それも当然のことで、旧法は他のカテゴリで解説しましたが、あくまで「これから製造、輸入する電気用品」についての許可を事前に得ることについて規則を定めた法律だからです。
製品完成検査というのは安全性能でなく、製品のバラつきをチェックするものなので、旧法でこの部分が義務化されていたとは考えにくいですね。谷部長も「旧法では全数検査は任意検査」と言ってましたがそれは正しく、旧法の検査義務は形式試験であるということになるのでしょう。
しかし、谷部長。新法になって八条二項になったのに、形式試験を定めた旧法と同じ条文なんですけど、そこはどうなっているのでしょうか。


スポンサーサイト

テーマ:PSE法 - ジャンル:政治・経済

2006.06.02 | | Comments(2) | Trackback(0) | 自主検査を検証する。

コメント

30代,40代の転職についてのキャリアプラン

キャリアプランとは、自らの職業生活に目標を立てて、それを実現する計画を立てることをいう http://conqer.rcrane4law.com/

2008-11-17 月 00:29:11 | URL | #- [ 編集]

春菊を美容とエステ

春菊は菊菜とも呼ばれます http://magnesite3.thriftystmartin.com/

2008-12-07 日 12:42:28 | URL | #- [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

プロフィール

tyranosaurous

Author:tyranosaurous
FC2ブログへようこそ!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。