スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

PSE法の対象は新品だけ!?

たまに見かけるフレーズですね。
「電気用品安全法は新品を対象とした法律です」
残念ながら間違っています。
でもそれは経産省が言うように「中古も対象とした法律だから」というわけでは、ありません。

なぜこの「新品を対象とした法律」という言葉が間違っているか?
その理由は簡単で、新品の中にも対象外のものがたくさんあるからです。
つまり、旧法で対象とされた電気用品はたとえ新品であっても対象外となります。
たとえば発売以来、ベストセラーを続けている来た定番の掃除機は、当然、旧法によって一度は製造認可されたものですから、ずっと途切れることなく旧マークのついた新品が工場で生産されているわけです。もちろんPSE法が施行された平成12年以降も、です。
で、法律が変わって、電気用品安全法になったとして、すでに製造認可された上で製造されている製品なのですから、それを取り消す理由はありません。
新法(電気用品安全法)は、旧法と同様、これから製造、輸入される製品を対象とした法律なので。すでに製造されたものをどうするという規定はないのです。
※旧製品、つまり旧マークのまま生産された旧製品(新品)をどうするか?については、附則で対応しています。それはまた別項目で説明します。


大きな前提として、電気用品安全法というのは旧法から「製品」を対象とした法律だということを理解しなければなりません。ここで言う「製品」とはこれから製造されるもので、事前に届け出た設計により届け出た部品をつかって、届け出をした工場で生産される、同一製品番号による「一群」のことを言います。つくってしまった製品については、市場に出てから流通過程により、個々に新品や中古といった状態が生じますが、電気用品安全法は、もともとこの個々の品物を対象とはしていません。あくまで製造前の届出制なのですから。

だから「新品のみが対象」というのは誤解を生む言い方です。
確かに「これから製造されるもの」が対象である以上、ぜんぶ新品には決まっているのですが、それは結果的にそうなってしまうというだけのこと。
指摘したように、「すでに製造されたもの」にも新品はあるのですから混乱します。

つまり、電気用品安全法により対象となる「電気用品」というのは、工場から出荷してくる新品全部を意味するのではなく、新しい設計、新しい部品、新しい生産ラインにより、新たに世に問われる電気用品のことをさす訳です。
一般的にはこれを「新製品」と言います。

わかりやすいように、こう言い換えましょう。
「電気用品安全法は、施行日である平成12年以後の新製品のみを対象にした法律です」
ヤフーの掲示板で経産省の元役員という方が「上市」という概念を提唱されていて、話題になっていましたが。この上市というのが「新製品を発売する」という意味になります。
川内議員のブログ等ではどうも「製品を出荷する」という意味だと思ってた方も多くいたようですが、まったくの誤解です。
「電気用品安全法は、これから上市される製品を対象とした法律」ということで、まったく間違いありません。

最初、経産省による意味不明な誤解が、ドミノ倒しのようにさらに誤解を生んでるように思えてなりません。
逆に言えば、電気用品安全法は、条文の解釈のみでは、中古対象であるともないとも証明する事が出来ません。そういう概念を扱っていないからです。「新品だから」がないように「中古だから」もありません。
それとは別に「中古を除外する」ということは、運用面を実際に検証する事で十分に主張できます。それはそれで運用についての他の項目を参照してください。

スポンサーサイト

テーマ:PSE法 - ジャンル:政治・経済

2006.06.15 | | Comments(2) | Trackback(0) | PSEは中古家電を規制する法律なの?

コメント

ヨガ・ピラティス

ヨガ・ピラティスを探すなら http://www.mnpainctr.com/101070/407916/

2008-11-12 水 07:13:39 | URL | #- [ 編集]

冠婚葬祭サービス

冠婚葬祭サービス http://tussuck.archiunite.net/

2008-12-01 月 16:03:24 | URL | #- [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

プロフィール

tyranosaurous

Author:tyranosaurous
FC2ブログへようこそ!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。